【BPM】お客様使用コード設定:フリー項目対応できるようになりました

カスタマー独自に利用可能なコードが10項目に増え(現在5項目)、コード入力・手入力、任意入力・必須入力など自由度を高めた利用ができるようになりました。

カート画面

コメント欄の右側に、ステータス「使用中」と設定した項目がNo.順に表示されます。

入力方法「コード選択」を選択した項目は、プルダウン形式でコード・名称を選択可能。

入力方法「テキスト入力」を選択した項目は、直接手入力可能な項目として利用可能です。

必須チェックで「必須」と設定した項目は項目名の右側に「」が表示され、選択(入力)しない場合エラーメッセージが表示されます。

注文履歴

注文履歴画面でも入力した内容を確認可能です。

① 全体設定タブ

右端の「編集」ボタンをクリックすることで、各データの編集を行うことが可能です。

編集後は「登録」ボタンのクリックで編集内容が反映されます。

項目名カート画面、注文履歴画面などに表示する項目名を設定します
No.3のみ項目名「予算科目」と決まっており、項目名の変更はできません。
入力方法コード選択:プルダウン選択が可能         
コードに名称を紐付けて登録

テキスト入力:テキスト文字でそのまま入力が可能 
見積番号などの入力が可能
必須チェックカート画面からの発注時に選択(入力)必須項目とするかどうかを指定
必須を選択した場合空白値では発注できません
ステータス「使用中」「未使用」を選択します
「使用中」のみ画面に表示

② コード名称設定タブ

これまでのお客様使用コード設定画面と同じ利用方法です。項目名を絞り込んだ後、

右端の「編集」ボタンを押下することで、各データの編集を行うことが可能です。

コード値コード番号を設定します
コード名称表示する名称を設定します
表示順カート画面からプルダウンで表示する際の表示順を設定します
ステータス「使用中」「未使用」を選択

リリース予定日:4月26日

Leave A Comment?